悪意ある善人による回顧録

レビューサイトの皮を被り損ねた雑記ブログ

ゲーム

大逆転裁判2 その2

***注意はじめ***以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

大逆転裁判2 その1

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その7

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その6

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その5

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その4

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その3

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その2

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

ニューダンガンロンパV3 その1

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

逆転裁判6 その5

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

逆転裁判6 その4

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

逆転裁判6 その3

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

逆転裁判6 その2

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

逆転裁判6 その1

***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められる…

大逆転裁判 (その18)

ゲームを総括してのまとめを書き残しておこうと思います。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想…

大逆転裁判 (その17)

5章を読了。恐れていた事態が現実となってしまいました。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想…

大逆転裁判 (その16)

5章の裁判パートの途中まで(その2)。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても…

大逆転裁判 (その15)

5章の裁判パートの途中まで。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題とな…

大逆転裁判 (その14)

5章の探偵パート終了。いよいよ、裁判パートへと移ります。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感…

大逆転裁判 (その13)

5章の探偵パートの途中まで。未だに現場の捜査を行えていません。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如…

大逆転裁判 (その12)

5章の探偵パートの途中まで。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題とな…

大逆転裁判 (その11)

5章の探偵パートの途中まで。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題とな…

大逆転裁判 (その10)

4章を読了。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価…

大逆転裁判 (その9)

4章の裁判パート途中まで。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっ…

大逆転裁判 (その8)

4章の探偵パート途中まで(その2)。ホームズの再登場により、物語は混迷を極める……のでしょうか。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づ…

大逆転裁判 (その7)

4章の探偵パート途中まで。ようやくこれまでのシリーズに近い話運びとなってまいりました。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記さ…

大逆転裁判 (その6)

3章を読了。忘れないうちに記録をとりたいと思います。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想を…

大逆転裁判 (その5)

3章の裁判パート途中で時間切れ。なかなか先に進められないことにやきもきしながら記録をとりたいと思います。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と…

大逆転裁判 (その4)

3章の裁判パート1開始間際で時間切れ。ひとまず、読んだ箇所までの記録をとりたいと思います。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて…

大逆転裁判 (その3)

2章を読了いたしましたので、記録をとりたいと思います。 ***注意はじめ*** 以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。 また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。 当方が如何な感想…