読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意ある善人による回顧録

レビューサイトの皮を被り損ねた雑記ブログ

逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~ 第24話(終)

アニメ

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 


第24話「さらば、逆転 Last Trial」

 

王都楼の裁判における最後の証人。それは、被害者を殺害した殺し屋・虎狼死家左々右エ門だった……などの展開。

 

 

インコのさゆりさんに続く、前代未聞の証人その2である虎狼死家。本人が裁判所に来てしまうと逮捕されてしまうため、彼の顔に酷似した無線機を通しての証言というこれまた前代未聞の証人尋問となった。

 

筆者が知る名前による性別誤認のネタは、この作品が始めてである。その後いくつかの作品でこのネタが使われても、必ず最初に思い出すのが逆転裁判になるという。

 

王都楼を有罪にすれば真宵の、無罪にすれば華宮さんの人生が終わってしまう。

 

この究極の二択を迫られたとき、成歩堂は弁護士として真実を追究する道を選ぼうとした。

 

それはつまり、真宵を切り捨てることになりかねない選択だったわけだが、神は彼を見放さなかった。

 

成歩堂が真実をぶちまける直前に、狙撃されて入院していたはずの狩魔冥検事が裁判所に乱入してきたのである。

 

たしかこの配役は糸鋸刑事だったような気がするが、気のせいだろうか。

 

彼女の登場によって、虎狼死家は王都楼に裏切られていたことに気付き、事件は無事解決した。

 

被告人が有罪になってみんなが嬉しそうにするという、なんとも奇妙な構図ではあったものの、被告の王都楼がクソ外道なためそれはそれでいいかと思える展開だった。

 

いちおう、アニメ化された逆転裁判はキレイに話をたたんでくれたように思う。

 

本当なら、逆転裁判3の範囲までアニメ化すると、「成歩堂龍一」の物語としてはもっとキレイに片がつくのに、と心残りはあるけれど。

 

それでも、15年間もファンをやってきて成歩堂や真宵たちが動いている姿を目にできたことだけは嬉しく思う。