読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意ある善人による回顧録

レビューサイトの皮を被り損ねた雑記ブログ

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第21話

あまりの忙しさに筆を折っていた11月を恥じ入ると共に、いつのまにやらブログ開設1周年を過ぎていたことを忘れていた自分の情けなさを痛感するこのごろです。

 

 

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

エンブリヲの元から逃げ出したアンジュを助けるために、サラマンディーネが援軍を引き連れてやってきた。同じ頃、ヒルダやタスクたちもアンジュの救助へ向かおうとミスルギ皇国への侵攻を始めていた。しかし、アンジュがどれだけ逃げようと、エンブリヲの追跡は止むことがなく……などの展開。

 

 

エンブリヲから拷問というか折檻され続けていたあいだに一度も風呂に入れられなかったのか、サラマンディーネから臭い呼ばわりされてしまったアンジュ。不憫である。(一方、そんなアンジュとくっついてパラメイルに搭乗していたモモカは微塵も表情を変えていないのスゴイ)

 

前回の感想でも述べた気がするが、やはり「マナの満ちた世界」の住民たちはエンブリヲが創った人間たちゆえ、エンブリヲにとって彼らを操ることなど造作もないことらしい。

 

マナを使える人間であれば、誰だろうとその意識を乗っ取れる。しかも、複数人同時でも操ることが可能というチートっぷり。こんなヤツ相手にどう戦えというのか。

 

そしてそれはアンジュの従者であるモモカも例外ではない。アンジュがモモカと逃げ続けるかぎり、エンブリヲの魔の手から逃れる術はどこにもない。

 

それを悟ったのだろうか、モモカはエンブリヲを道連れに特攻を行い、爆炎の中に消えてしまう。

 

だが、エンブリヲは不死身の男である。どういう理屈か知らないが、死んだらその途端に無傷のエンブリヲがまったく別の空間に突如として現れる。モモカと共に爆炎に飲まれたはずのエンブリヲは、やはり無傷の状態で再びアンジュの前に立ちふさがる。

 

ついにはアンジュを逃がすため、タスクまでも犠牲に。

 

なんだなんだ、物語終盤になって主要メンバーを殺しにかかってきてるが、大丈夫なのかこの話?

 

 

 

一方、エンブリヲに唆されたクリスはこれまでの不満が爆発したのか、ヒルダとロザリーを殺そうと躍起になっている。

 

友達付き合いしていると良くありがちな、「誰か一人が我慢を強いられている」ケース。こういった陰湿な現実はあまり見たくないのだが……まあ、それ以外にクリスがアンジュたちと敵対する理由がないからその動機付けにされたのだろうけれど。

 

戦闘の最中に新兵を手にかけてしまったクリスだが、果たして彼女はヒルダたちの元に帰って来れるのか。それとも、エンブリヲについたまま敵として死んで行くのか。

 

今回まったく出番のなかったサリアや、再び子どもたちの死に直面してしまったエルシャなど、敵に寝返った人物たちの未来も含めていろいろと心配である。

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第20話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

軟禁したアンジュに対して、エンブリヲは驚くべき提案をする。それは、彼女を自分の妻に向かい入れるというものだった。彼女と力を合わせ、古い世界とアンジュたちがいた世界をひとつにすることで、今ある世界を壊すことを目論むエンブリヲ。彼の申し出に対してアンジュは……などの展開。

 

 

エンブリヲが不死身らしいということは以前からわかっていたことだが、刺されても銃撃されても何事もなかったかのようにしていられるのはどういう理屈なのか。

 

異常な自己治癒力によって傷を塞いでいるというよりも、攻撃されたこと自体をなかったことにしているかのような、瞬時にタイムスリップでもしているかのような不思議な回避方法を取るエンブリヲ。彼が旧世界の人間だったのだとしたら、いったい自分自身にどんな改造を施したらこんな超人じみたことができるというのか。

 

 

それにしても、やはりエンブリヲの胡散臭さというか下衆っぷりは見たまんまであった。

 

サリアたちを篭絡したその口で、今度はアンジュを自分の妻にするなどと、本当によくもまあ言えたものである。

 

それもこれも、アンジュたちは所詮自分が作った人間の一人だから、何をしても構わないと考えている節があるような気がしてならない。

 

 

エンブリヲはこうも言っていた。

 

「旧世界の人間たちは野蛮で好戦的でね、足りなければ奪い合い、満たされなければ怒る。まるで獣だった。彼らを滅亡から救うには人間を作り変えるしかない。そしてこの世界を創った」

 

「だが今度は堕落した。与えられることに慣れ、自ら考えることを放棄したんだ。君も見ただろう、誰かに命じられれば、いとも簡単に差別し虐殺する。彼らの腐った本性を」

 

「人間は何も変わっていない。本質的には邪悪で愚かなものだ」

 

 

……なんだか、まるで人事のように言っていますけれどもね、そんな上から目線な言葉を口走っているエンブリヲ自身もその「野蛮で好戦的」な旧世界の人間だし、なによりも生命を弄ぶその姿勢は「いとも簡単に差別し虐殺する」新世界の人間と何が違うというのだろうか。

 

こんな彼が創った世界だからこそ、「本質的には邪悪で愚かな」人間が溢れる結果になったのではないか。

 

結局のところ、エンブリヲというのは、自分が思い通りにならなければ気が済まない駄々っ子と何も変わらない。

アウラという強大なドラゴンを閉じ込めて、そこから生まれるエネルギーだけを強奪して、まるで新世界の神を気取っている。

 

こんな人間の思い通りになど、だれがなりたいものか。

 

アンジュが、というか普通の人間ならこんな男に対して反感を覚えないはずはないのだけれど……

 

やはりアンジュたちが作られた人間だからなのか、エンブリヲはそんな彼女たちをたやすく操ってしまう。

 

痛覚を50倍にするだの、触覚すべてを快感に変えるだの、それなんてエロg……もとい、えげつなさであろう。

 

 

アンジュが母から伝えられた「永遠語り」という歌は、エンブリヲが言うには宇宙の構成理論を音楽に変換したものだという。

 

それを歌うことによって、ヴィルキスが超性能を発揮し、果てには二つの地球を一つに融合できるというのだから、まったくとんでもない話である。

 

二つの世界を一つに融合するということは、数話前にドラゴンの世界に現れた空間歪曲が世界中に出現するということで、それはつまりその場にいた人間すべてが時空の渦に飲み込まれて死ぬということである。

 

エンブリヲは、二つの世界をまとめて壊す気でいるのだろう。

 

エンブリオから陰湿な拷問を受け続けたアンジュだったが、サリアの心変わりによってその場から逃げ出すことに成功した。

 

しかもその場にサラマンディーネが援軍に訪れるという都合のよさである。

 

果たしてアンジュは、得体の知れない不死身の力を持つエンブリヲとどう抗っていくのだろうか。

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第19話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

ジルと決別し、巨大潜水艇「アウローラ」からの脱出を図ったアンジュたちのもとへ、再びサリアたちが襲撃をしかけてくる。サリアたちの狙いが「アウローラ」だと知るや、アンジュたちはそれを阻止しようとする。しかし戦闘の最中、アンジュはサリアの奇襲によって意識を失ってしまう。アンジュが目を覚ますと、見慣れた光景が飛び込んでくる。そこは自分の生まれ故郷であるミスルギ皇国だった……などの展開。

 

 

サリア、エルシャ、クリスがいかにしてエンブリヲに篭絡されたのかが窺い知れた今回の話。

 

……なんというか、誰も彼もが単純すぎて言葉を失ってしまう。

 

サリアはジルに認められたいという承認欲求が満たされなかったことをつかれた。エンブリヲから愛されているなどという世迷言を口にしながら彼に付き従う犬に成り下がってしまった。

 

アルゼナルの子どもたちを守れなかったことを悔いていたエルシャは、エンブリヲが見せた奇跡の力にすがった。なんとエンブリヲは、アルゼナル襲撃の際に死んでしまった子どもたちを蘇らせたのだというのである。

 

クリスに至ってはもっとも救いがないというかどうでもいい。友達(恋人?)だと思っていたヒルダは自分が想っていたほど自分のことを想っていてくれなかったのだと思い込み、乱戦の中で自分を救ってくれたエンブリヲを新たな友としたらしい。

 

……もうね、なんというか、みんなエンブリヲの掌の上で踊らされすぎである。

 

望みが叶わなかったから、自分の望みを叶えてくれる別の誰かが現れたらすぐに尻尾を振るなんて、理性ある人間の態度ではない。そんなことをするのは飼い犬ぐらいなものである。

 

驚いたことに、「リベリタス」がどうのと未だに騒いでいるジル自身もかつてエンブリヲと関係を持っていた。彼女の原動力は、自分を見捨てた人間たちへの復讐心と、楽な世界へと逃げ出そうとした自分自身への嫌悪からだったのかもしれない。もしかしたらジル自身も、自分が立てたお題目のための反乱なのか、単なる復讐なのかわかっていないのかもしれない。ただどちらにせよ、そんな個人的な感情に巻き込まれて死んでいったノーマたちは不憫としか言いようがないが。

 

 

憎きエンブリヲはアンジュまで洗脳しようとするが、アンジュの強すぎる自我がエンブリヲの精神操作を跳ね返してしまった。まあ、これも主人公補正というところなのだろうけれど。

 

会話のなかで「1000年を生きた」だの「調律者」だのとますます人間離れした発言を繰り返すエンブリヲ

 

「神」と呼ばれる彼にアンジュは抗う術を持つのか。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第18話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

サリアたちの待ち伏せから難を逃れたアンジュたち。アルゼナルの生き残りたちは巨大潜水艇「アウローラ」へと避難していたことを知る。いまだ人間たちへの革命「リベリタス」を諦めていないジルに対して、アンジュはドラゴンたちと手を組むべきだと提案するのだが……などの展開。

 

 

サリアやモモカたちが生きていたことから、当然ジルも生きているだろうことは予想できたが、彼女はまだ「リベリタス」の決行へ執念を燃やしていた。

 

アンジュがドラゴンたちと手を組んだほうが目的を達成できるとジルに持ちかけても、彼女は聞く耳を持たない。

 

それはまあ、確かについこのあいだまで血みどろの戦いを繰り広げていたもの同士が協力し合えるかというと難しいのかもしれない。だがジルの言動からは、そういった感情とは別の何かに対する私怨のようなものを感じる。

 

その予想は当たっていた。彼女はかつて、アレクトラという名の王女だったにもかかわらず、ノーマだからという理由ですべてを失った。その原因の一端にはエンブリヲの存在もあるのかもしれない。

 

自分をどん底にまで追いやった世界へ復讐したい。ジルの原動力となっているのは正しく私怨そのものだったのである。

 

ここに来て、ようやくアンジュがジルに反発してきたことに得心がいった気がする。アンジュはアルゼナルに送り込まれた当初からジルに対して良い感情は持っていなかったにせよ、おそらく本能的にジルから負の感情を読み取っていたのだろう。自分を利用したがる点では、マナの満ちた世界の人間たちもジルも代わりがない。アンジュは本能的にジルのそんな思惑を感じ取っていたのであろう。

 

モモカを人質にとられ、ジルによるエンブリヲ強襲作戦に利用されそうになるアンジュだったが、タスクの機転によって逃走に成功する。

 

エンブリヲから付けねらわれ、ジルの率いる元アルゼナル陣営からも敵対してしまったアンジュ。

 

彼女の行く末はいかようなものなのか。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第17話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

もうひとつの地球側のスパイだったリィザから報告が届いた。それによると、神祖アウラがミスルギ皇国の地下に幽閉されていることがわかったのだという。知らせを聞いたサラマンディーネはアウラ奪還のためにもうひとつの地球への侵攻を決定する。すべての真実を知ったアンジュはサラマンディーネたちと共闘することを決めた。ドラゴンの大軍を率いて元いた世界へと舞い戻ったアンジュだったが、そこで待ち伏せ去れていたことに気づく。彼女を迎え撃つのは、黒いヴィルキスに乗ったサリアたちだった……などの展開。

 

 

自分の身分も世界の成り立ちも、ノーマとしてドラゴンと戦わさせられる目的でさえも嘘まみれ。真実を知れば知るほどに揺れていたアンジュだったが、ついにサラマンディーネの側につくことを決意した模様。

 

特異点なるワームホール的な時空の抜け穴を通って元の世界へと戻ったアンジュたちだったが、そこで意外な相手と戦う羽目になってしまう。

 

数話前にエンブリヲに連れ去られたと思しき、サリア、エルシャ、クリスの3人である。

 

彼女たちはアンジュが乗っているヴィルキスそっくりな黒いパラメイルを使い、ドラゴンの大軍を次々と殲滅していく。

 

ジルに心酔していたはずのサリアは、なぜかエンブリヲに忠誠を誓っているような口ぶりでアンジュを攻撃してくる始末。この数話のあいだにいったい何があったというのか。っていうかジルたちがどうなったのかすらわからんし。

 

ほかに気になることがあるとすれば、進撃途中にタスクがヴィヴィアンに語っていた将来の夢についてだろうか。

 

「この戦いが終わったら、アンジュと一緒に喫茶店を開くんだ……」なんて、いまどき珍しいほど明確に死亡フラグを立てやがったタスク氏。本作では珍しい男性キャラクターだというのに、物語後半で犠牲になる展開なんて見たくないぞ……

 

今回はとりあえず、ヴィルキスに秘められたワープ能力が都合よく使えたことでアンジュたちは難を逃れた。

廃墟と化したアルゼナルへと飛ばされたアンジュたちは、そこでモモカ、ヒルダ、ロザリーらに再会する。

 

これは、ジルたちもアルゼナルあたりに潜伏していると思っていいのだろうか。

 

さて、ドラゴン側の陣営につくことになったアンジュが今後どうなっていくのか、今後の展開が楽しみではある。

 

そもそも、エンブリヲが何をしたくてアンジュたちを付けねらっているのかもよくわからないし、気になることばかりである。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第16話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

アンジュたちが「もうひとつの地球」にやってきてからしばらくした頃。アンジュは自分が取るべき選択を決めかねていた。そんなとき、サラマンディーネからの提案によって旧世界の娯楽によって勝負をし、互いの処遇を決めることになる。拮抗した勝負がひと段落したころ、突如として街中の空間が歪曲し、あたりの建物を呑み込み始めた……などの展開。

 

話の前半部分は、何話ぶりかの日常編とも言うべきものだった。

っていうか、この人たちは何をやっているんだろうか、これ何のアニメだっけ、と思うほど現代スポーツにどっぷり漬かっていた。

 

サラマンディーネの側近である二人組が言うには、サラマンディーネは数百年前に人類の大半が滅んだ頃の文献を独自に読み解き、その当時の文明の再生に力を入れているとのこと。

 

そのため、森林地帯のど真ん中にラウンドワン的な遊戯施設がぽつんと立っていて、ボーリング場だの野球ドームだのがひしめき合っていたのである。

 

前半部分の和やかなやりとりを通して、アンジュとサラマンディーネはそれなりに友好を深めたようである。アンジュが負けたら所有物にするなどと言っていたのは記憶から消えてしまったのだろうか。

 

もうひとつの地球にやってきた面子の一人であるヴィヴィアンは、元はこの世界の住民だったことが前回明かされた。彼女は生みの母であるラミアと一緒の時を過ごしていたのだが、先述した空間歪曲による時空の渦とでも言うべき暴風が二人に襲い掛かった。

 

この暴風を生み出したというのが、もうひとつの地球にいるはずのエンブリヲだというのだから驚きである。

 

タスクが言うには、エンブリヲは時間と空間を操ることができるらしい。彼の良心も、エンブリヲのこの能力によって、岩と同化させられて殺されたのだという。

 

エンブリヲ、やはり底が見えない不気味な存在である。彼は本当に人間なのだろうか……

 

永遠語りによって機体を強化したヴィルキスと、サラマンディーネが搭乗している機体『焔龍號』の攻撃を上手い具合に相殺させることで、爆発的な威力を減衰しながら空間歪曲自体を消滅させるという離れ業をやってのけたアンジュたち。

 

もうひとつの地球にいてもエンブリヲからの攻撃がやまないことを知ったアンジュは、今後どのように振舞うつもりなのか。

 

今後の展開が気になるところではある。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第15話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

謎の世界へと転移してしまったアンジュたちの前に、ドラゴンに乗った女たちが現れる。女たちに連行された先で、アンジュはいつかの戦闘で対峙した戦闘機乗り・サラマンディーネと再び合間見える。サラマンディーネの提案によって辛くも客人扱いとなったアンジュたちは、彼女の口から驚くべき事実を聞くことになる。それは、いまアンジュたちがいる世界が、彼女たちがいたのとは別にもうひとつ存在する地球なのだという話だった……などの展開。

 

前回イイ感じだったアンジュとタスクだが、横槍が入ったことで醒めたのか、アンジュの態度があまりにも辛辣で見ていてつらかった。うむ、やはり世間一般に言われているとおり女の方が切り替えが早い。いわゆる「女心と秋の空」といったところか。(別にタスクがソレに執着していたわけではないと思うのだけれど、なんであそこまで言われなきゃならんのだろうか……)

 

それはいいとして、今回ようやく先日の戦闘で合間見えた謎の女の名前が明らかになった。

 

『神祖アウラの末裔にしてフレイヤの末裔が姫、近衛中将サラマンディーネ』。

それが彼女の正体だった。巫女風と感じたのは、どっかしらの王族の一人からだった模様。

そして何より彼女がドラゴンを率いるトップというわけではなく、その上に評議会的な女たちと、それらを束ねる大巫女なる存在が控えているらしい。(いずれもミスの裏に隠れていて姿は見えなかったが、全員女ということだけは確かである)

 

サラマンディーネから語られたのは、大きく分けて2つの事実だった。

 

ひとつは、アンジュの世界とサラマンディーネの世界は、平行宇宙に存在する別の地球だということ。つまり、別の次元に地球が2つ存在していたということ。

 

かつて人類は戦争によって疲弊した世界を捨てて、平行世界にあるもうひとつの地球、つまりアンジュが生きてきた地球に逃げ出した。新たな地球に移り住んだのは、エンブリヲが「造った」人類であって、マナの力が使える新人類というべきものである。

 

一方、もとの地球にとり残された一握りの生き残りたちは、汚染された地球で生き抜くことを余儀なくされる。そのままだと環境の変化に耐えられずに死んでしまうことから、残留組の人間たちはあるひとつの決断を下す。それが、自分の遺伝子を改造して環境に適応すること、平たく言うと、人間の身体をドラゴンにしてしまうことだった。

 

だから、背中に翼の生えているサラマンディーネはドラゴンという種族というわけではなく、選択によって生き残った人間たちの子孫ということになる。

 

そしてサラマンディーネが語ったもうひとつの真実は、恐るべき内容だった。

 

地球に残留した人間たちはドラゴンに姿を変えることで生き延びられたのだが、それを最初に行った人間がいた。それこそが、神祖アウラという龍なのだという。

 

残留組の人間たちはアウラの指揮によって調和を取れていたのだが、そのアウラをアンジュたちがいるもうひとつの地球へと連れ去った存在がいるのだという。

 

それこそが、アンジュたちが争う元凶となったあのエンブリヲなのである。

 

エンブリヲアウラをもうひとつの地球へと幽閉し、「マナが満ちた世界」を稼動させるためのエネルギー源として活用した。

しかし、アウラが生物である以上、そのエネルギーは無限に生成できるはずがない。補給しなければいつかは底をついてしまう。

 

アンジュたちノーマがやらされていたドラゴン討伐は、もうひとつの地球からアウラを取り戻しに攻めてきたドラゴンを撃退するだけではなく、そのドラゴンの体内に蓄積された『ドラゴノイド』なるエネルギー源を取り出してアウラに補給するためだったのだという。

 

つまりアンジュたちは、「マナが満ちた世界」を通常運転させたいというエンブリヲの思惑によって死地に向かわされていたわけである。

 

もう、なんかこう、何もかもが嫌になってくるような話である。

エンブリヲという男の底が知れない。何もかもが彼の手の平の上で操られている。

 

もうひとつの地球に来てしまったアンジュたちは、なんとかして元の世界に戻ろうとしていたのに、こんな話を聞かされたのではその決意が鈍ってしまう。

 

結局戻ったところで、エンブリヲの思惑通りに働くか、ノーマと狂った人間たちとの争いに巻き込まれるかしかないのだから。

 

果たして、彼女はどのように決断するのか。見ものではある。