読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意ある善人による回顧録

レビューサイトの皮を被り損ねた雑記ブログ

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 第14話

***注意はじめ***

以下の文面は言葉遣いに乱れが生じたり、ネタバレにあふれる虞があります。

また、本文は筆者である阿久井善人の独断と偏見に基づいて記されております。

当方が如何な感想を抱いたとしても、議題となっている作品の価値が貶められるはずもなく、読者の皆様のお考えを否定するものではないということを、ここに明記いたします。

***注意おわり***

 

エンブリヲが搭乗した謎のパラメイルによって攻撃を受けたはずのアンジュ・タスク・ヴィヴィアンの3名。目を覚ました彼らの前には、草木に覆われたゴーストタウンが広がっていた……などの展開。

 

 

海の藻屑となったかのように見えたアンジュたちは、突如として異世界に飛ばされてしまったらしい。恐らくは「マナの満ちた世界」に侵攻してくるドラゴンの生きている世界なのだろうが、ちょっと想像と違っていて驚いた。もっとこう、ジュラシックパーク的な世界だと思っていたのだが……

 

アンジュたちが目覚めた場所は、現代社会における東京都中央部のどこかだと思われる。ここでまさかの日本登場である。登場人物たちの名前にも日本語が含まれていることから、物語の背後に日本人が関わっているだろうということは想像していたが、これはいよいよそうなのかもしれない。外見だと西洋人に見えるエンブリヲがそうなのか、それとも随分前に出てきて以来姿を見せていない龍の巫女の少女がそうなのか。

 

ゴーストタウンを放浪するアンジュたちは、やがてAIが管理をする避難シェルターを発見し、そこで稼動していた人工知能に対して説明を求める。

(どうでもいいけど、日本で稼動するAIとの会話が通じていたということは、アンジュたちは日本語で喋っていたということでいいんだろうか)

 

AIによると、世界は538年前に発生した第7次世界大戦によって致命的な環境汚染に覆われて、いま生きている人間は一人もいないのだという。

 

これを聞いてアンジュとタスクは、自分たちが538年後の未来にタイムスリップしたのだと予想していたようだが、実際にはヴィルキスが引き起こした何らかの作用によって異世界に飛ばされてしまったのである。

 

映像資料に残っていた世界大戦の様子の中に、エンブリヲが乗っていた謎のパラメイル機の姿もあった。となると、エンブリヲはそのときから生きているということなのか。もうわけがわからない。

 

異世界に来た衝撃のせいなのか、人間に戻っていたはずのヴィヴィアンは再びドラゴン化してしまうし、なんかちょっと良い雰囲気になっていたアンジュとタスクの邪魔をするように人間っぽいドラゴンが急襲してくるしと、どんどんネタ晴らしが進んでいく。

 

まあ、日本語(や漢字)が読めない3名がラブホテルを城と勘違いして入るなんていう笑い要素はありましたけれども。

 

早いところ続きが見たいものですな。